「さよなら」はやっぱり寂しい

「今度はこんなに小さくなりました。」

って早朝散歩で久々にお会いした、ミニチュアシュナウザー連れの男性がポツリと仰る。


ワタクシったら、ご主人のお顔は覚えているのに連れてるワンコの名前が浮かばなくって

「アレ~ッしばらく会わない内に忘れちゃった?」

ナンつって、忘れた自分を高い高い棚に放り投げて、こんなこと言っちゃったりしたりして、
何とか記憶の糸を繋いでみれば・・・




そうダ!?


黄ラブのノンちゃんの飼い主さんじゃないですか!





問わず語りに仰るには、ノンちゃんは昨年の暮れに肝臓癌で逝ってしまって
その後、お子様方がシュナちゃんをプレゼントしてくれたんだそうです。
きっとご主人の落胆ぶりを見かねて、授けてくださったのでしょう。



大きな大きな黄ラブのノンちゃん、私達と嬉しそうに公園でじゃれあって
コトの他ライズがお気に入りで、マウトしては怒られてたんだよネェ~♪
あんなにあんなにも元気だったのに、突然の訃報に立ちすくんでしまったヨ×

いつかは訪れる愛犬の死ではあるけれど、願わくば静かに眠るように死んでほしい。
もう病気で苦しむ姿は見たくないなぁ・・・



ノンちゃん、安らかなれ。 ありがとう
[PR]
トラックバックURL : https://buonoclub.exblog.jp/tb/11287748
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by buono-club | 2010-06-10 08:29 | Trackback | Comments(0)

おいしい生活シリーズPart3☆
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31