オリガ・モリソヴナをご存知?

読売新聞日曜版の 「本よみうり堂」 は、ワタクシの今度読もうかナァの
良きアドバイザーであります。

もちろん書評は良く書かれており、あれもこれも読んでみたいと思う
ご本ばかりでゴザイマスが、如何せん財布の中身が心もとない。

その中にあっても今回購入した本

米原万里著 「オリガ・モリソヴナの反語法」(集英社文庫)
         「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」(角川文庫)
         「打ちのめされるすごい本」(文春文庫)

この3冊は、良い良いと伺ってはおりましたが、
今日まで手に取ることもなく、何となくそのままになっておりました。


米原さんをすでにご存知の方には、『今さらなにを』とお叱りを受けそうですが
ロシア語通訳者にして、名エッセイスト、小説家に書評も手がける御仁で、
愛犬家としても広く世間に知れ渡っておりました。

2006年にこの世を去られた時には、随分と惜しまれたものでゴザイマス。



さて、最初に読み始めたのが 「オリガ・・・・」
コチラは小説ですが、最初の見開きに

「オリガ・モリソヴナという教師はプラハ・ソビエト学校に実存しましたが、この
物語はすべてフィクションであり、実存の人物・団体とは一切関係ありません。」

との但し書きがわざわざあるところを見ると、
ど~もこの人物をモデルにしたに違いないと、
ワタシャ確信にも近い思いを抱いたのでゴザイマス。

何せ、バレエ教師の毒舌たるや、まさに経験済みのワタクシとしては
本場ロシアに居なくて何処に居るーーーーーーッて思うザマス!!!

まだ読み出して数ページですけど、オリガ女史の姿風貌、罵詈雑言!?
語彙の豊富さ・・・しいて申せば、悪態の限りを尽くすって感じでしょうか、
まさに昔の記憶と相まって、稽古場の風景が目に浮かぶようでゴザイマス×××



教えは厳しく容赦はないけれど、結果、拍手喝采の舞台を作り上げる人
オリガ・モリソヴナ072.gif
やっぱ芸術は、良い人では務まらないよネェ~って、
再び自分のいい様に解釈して、本日の締めくくりとさせていただきます。
トラックバックURL : https://buonoclub.exblog.jp/tb/10283458
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by buono-club | 2009-09-30 12:05 | Trackback | Comments(0)

おいしい生活シリーズPart3☆
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31