言霊を届けたい

d0113189_10331261.jpg




ボーノを見送って翌日、名古屋の実家の父の具合が悪いからと呼び出され
日帰りで駆けつける。

自動車事故を起して、車を廃車にしたことへの不満をリフレインして訴える父。
何度も何度も繰り返す同じ話・・・本当に永遠に続くのかと思うほど。
老いる父をこういう形で知るのは、辛いです。

一旦こじれた感情は、今の父には整理できるチカラはないみたいで・・・
介護認定を早急に申請して専門家の指導を受けることが良いだろうと、
後の手続きを一緒に住む長男の嫁、近所に住むワタクシの妹にお願いして、
夜9時の新幹線に飛び乗る。

これからはもう少し、実家の様子も気にかけなくてはと反省。


そんなこんなでボーノの悲しみに浸る間もなく起こるハプニングで、泣く間も
なかったが、逝って一週間後にお花を持ってきてくださった生徒さんに

「ボーノ君、先生のところに来て幸せでした」

の言葉に、ドッと涙がこぼれる。

ボーノ、ボーノ、本当にマンマのおウチで楽しかった?幸せだった?
10年一緒でありがとう、十年間マンマを幸せにしてくれてありがとう。

また、いつも綺麗なお花を送ってくださるEさん、やさしいお心遣いありがとう
ございます。
落ち込んでいるだろうとお食事に誘ってくださったWさん、ありがとうございました。
たくさん悲しんでくださったミナサマには、ボーノが生きた証と感謝申し上げます。

ボーノが保護犬を引き取るキッカケを与えてくれました。
ヤツのお陰で、ノア、キッカ、コッコ、在命中のライズもチャオも居るワケで。
ボーノ倶楽部は、まだ、もう少しだけ、続けていこうかなと思います。

いましばらく、お付き合いくだされば幸せです。


[PR]
by buono-club | 2014-03-12 11:09 | Trackback | Comments(4)

さようならボーノ

d0113189_08452977.jpg

ミナサマにはやさしいお心遣いいただき、ありがとうございます。

昨日昼出棺し、荼毘は5日頃にということでした。



ライズが一気に老け込んだみたいになって、後追いしないかと心配です。
ピアが死んで、ノアが一ヵ月後に逝ったのですから、用心しないと!?


そうして届く狂犬病予防接種の通知。
3つ並んでいた食器が、また2つになりました。




[PR]
by buono-club | 2014-03-04 08:54 | Trackback | Comments(2)

ボーノ逝く

本日深夜1時30分頃、ボーノが旅立ちました。

「ボーノ倶楽部」の主役は、苦しむことなく静かに息を引き取りました。
・・・と思います!?

と言うのも、
少し仮眠をと横になっていた小一時間、寝すぎたかなと飛び起きた時には
もう息をしておりませんでした。
それでも抱き締めると、まだ身体は柔らかい温もりがありました。

死に目に会えなかったのは残念ですが、これもボーノの優しさなのだと
最後の最後までジェントルマンで粋な犬だったなぁと、改めてその気遣いが
心に沁みます。


10年もの長きに渡りお付き合いくださいました方々には、謹んで感謝
申し上げます。



食べなくなって二日後に死んでしまうなんて、なんてあっけない幕切れでしょう。
今は正直、悲しみよりも虚脱状態で、頭ン中真っ白!?

何度経験しても、やっぱりヤツラに死なれるのは堪えます。



愛しいボーノ、可愛い仔、良い仔、おいしいおいしいっていつも言っていられる
ようにとマンマが名づけた心やさしい仔。
今頃は空高く、ピア、ノア、キッカ、コッコのキレイなお姉さんたちに囲まれて
大好きなボール拾いしてるんでしょう・・・なぁ・・・・・



さあ、花屋が開くのを待って、ヤツの亡骸を花いっぱいにして飾ろう。






[PR]
by buono-club | 2014-03-02 09:19 | Trackback | Comments(1)

命の灯が消えそうです

昨日からボーノが思わしくありません。

朝ご飯は食べず、午後から缶詰めをほんの数口だけ、口の近くに持っていっただけを
食べる。

が、翌朝には水便で垂れ流し、水も嘔吐。

今日はもう口を動かすこともできないし、その内、哺乳瓶で押し出した水も飲み込め
なくなった。

そうしてほどなく昏睡状態に。


10年一緒に連れ添ったボーノ。
介護から解放されたいとあれほど願ったのに、いつ逝ってしまうかもしれない状態に
動揺で胸が張り裂けそうだ。

くしくも3月9日はノア姉貴の命日。
連れて行ってしまうのか?、もう一度、奇跡が起きないのか?










[PR]
by buono-club | 2014-03-01 16:48 | Trackback | Comments(0)