足蹴にする人!?

コッコは頭の上に手をかざすと、ギューッと目を閉じます。
それは、身をすくめて叩かれるのを我慢するような仕草です。

ボーノも頭の上から撫でようとすると、「カプッ!」って手を噛んでおりました。
もちろん“止めて!”って、手を制止する程度のものでしたが、これも以前はしこたま頭を叩かれたんではないのかしらんと思わせるものでした。

そりゃね、マンマだって怒る時は手だって出します、
首根っこ押さえて羽交い絞めして、鼻水垂らしたボーノの鼻先を何度噛んだことでしょう。
散歩の途中で、ワケも分からんモノ口にして、引っ張り出すのにライズとプロレスだってしましたとも、道の真ん中で×
ボーノを噛みよったコッコを 「噛んではいけなーーーーーーい!!!」 と叱りつつ、「噛めるものなら噛んでみろ!」 とワタクシの手を押し込んだこともゴザイマシタ。

・・・・・結構ダメ飼い主じゃん!?
イヤイヤ、まあ、こんなこともあるってことで、汗、汗。

しかーーーーーーし、
昨日見たワンコ連れのお散歩風景は、こんなんとは違った!
全然違って、ワタクシの心は怒りの炎で燃え滾ったのでゴザイマス。

キャベツ99円の広告に魅かれて買物に行った、その帰りしなに見かけた散歩連れ。
「わぁ、キレイなワン☆」と見とれるほどの手入れの行き届いた黒ワン・・・グローネンダールみたいでしたワ。
その仔は本当に上手に、連れている人の左側について側脚歩行しておりまして、そのお利口さと美しい容姿に惚れ惚れしながら、ワタクシは後ろを歩いておりました。
と、その内に突然、電信柱をよけようとするワンをその人は足蹴にしたのです。

ん?

初めはワタクシの見間違いかもと思いましたが、次の電信棒でもその次の電信棒でも足が!?
連れている方はどうも飼い主と言うよりも訓練士さんっぽかったので、稽古かとも、それともワザと足を出し、何か意図があってやっているのかとも、ワタクシ、何度も何度も自分に言い聞かせましたが、足が出る都度、身体ごと柱にぶち当たり逃げ惑うクロワンちゃんの姿に

『今度やったら、この痛い足がどうなろうとも追いついて、怒鳴ってやる!!!!!!!』

100m後ろから、怒りの炎たぎらせ必死に引き離されまいと追いすがるオバサンひとりーーーーーーー!

クソッ、気配を感じて振り向きやがった!?

と、どうでしょう?
一転、突然号令でワンを止まらせてみたり、自分の回りを歩かせてみたりしだして、今までの足蹴にしていた行為を帳消しにするかのごとく、「僕は優しく躾けをしてるんですぅ」的な態度に出やがった×××

それからクロワンちゃん達の歩く速度はドンドン加速され、みるみる引き離されてしましました。

お家まで付いて行って、飼い主なのか訓練士なのか確かめたかったけれど、ど~も、ただならぬマンマの気配に逃げられたのかも、誠に残念でゴザイマシタ。

この光景・・・
百歩譲って訓練だとしましょう、
訓練って怯えさせてするものですか?
ワンが楽しそうに歩けない側脚歩行って、必要ですか?
こんな風に思い煩うマンマって、馬鹿飼い主ですか?

アハハハハハハハッ、「そうです!」って言われそうだわネ♪
[PR]
by buono-club | 2008-02-29 11:05 | Trackback | Comments(4)

良い獣医とは?

日本中の価値観が崩壊して、人間のお医者だって患者だって「非常識」極まりない人々がのさばっているのですから、獣医もしかり!でしょ。

ワタクシ、ピアの件、先代GRの件、ノアの件とここ数年で「一生分の獣医通いをしたワ」と思うほど、そりゃぁ~たくさんの先生にお世話になりました、いろんな意味で!?
『これはオカシイ!?』と再度診察していただき、誤診が見つかったことも一度や二度ではありませんでしたし、ピアが病院で最後を迎えた時なんかは、そこの院長が延々とウチのミスではないと喋り続けているっていう経験もいたしました。
嫌な思いも、ありがたい感謝の気持ちも獣医さんにはゴザイマスが、今も忘れないある獣医さんのお話です。

その病院は、男性の先生が診ていらっしゃる地域密着の小さな個人病院でしたが、待合室に入りきらないくらい患者ワン、ニャンがいっぱいの、ご近所の方々に頼りにされていた獣医さんでした。
でも・・・
ある時から、いつ行ってもガラガラ空き空き。
日を追ってその空き具合は増してゆき、あまりの凋落振りに『ナンかあったのかなぁ・・・?』と勘ぐらざるを得ませんでしたが、田舎ゆえ、またワタクシの無知ゆえ、さほど気にもせず通い続けておりました。

そんなある日、痰に血が混じる先代GRにビックリして、やはりそちらの獣医さんへ参りました。
今思えば、この時点でおかしいと気付くべきでした。
注射と投薬治療の診断をいただき帰宅しましたが、ますます咳は酷くなり、その内2階に上がることもできなくなり、とうとうベットにも上れないという最悪の状態に。
この時もパパロッティは単身赴任中×
思い余って獣医さんへ電話をし、お迎えに来てもらって診察をしました・・・が、もう手の施しようのないくらい、レントゲンに写った肺は真っ白でした。
それでもマンマは、助からないなどとは露ほども思っておりませんでした。

「肺炎くらいで死なない! 死ぬもんか!!!」

獣医の診断を全く疑いもせず、それどころか「看て頂いたんだから快方に向かわない筈がないでしょう☆」って、バカでしょう。
それからほどなく、愛犬は肺に水が貯まり呼吸困難から苦しんで苦しんで、最後には安楽死させられるという最悪の結末を迎えました。

ワタクシの無知が、我が仔に無用の苦しみを与え、挙句死に追いやってしまったのだと激しい後悔と自責の念にさいなまれ、本当に苦しい鬱の日々が続きました。

そうして、後からご近所の方から聞かされた話では、その獣医さんは2度脳梗塞で倒れて、それ以降むずかしい症例は取り扱わなかったとのことでした。
それでしたら、最初の血痰の時に他の病院をご紹介いただきたかったと先生を恨みに思いましたが、もう今となってはどうしようもありません。
それもこれも運命だったのでしょう。

医療は人です。
機械でもお金でもなく、人として何をするべきかを考えて欲しいと思います。
患者が安心して信頼して受けられる医療の先には、必ず医者の人間性が見えてくるものです。
知らないことは知らないと告げることは恥ずかしいことではありません。
分からないことを正直に分からないと教えてほしいのです。

呼吸困難で酸素マスクを当て続けたあの時間・・・
2時間経っても呼吸は改善されず、苦しむ愛犬の姿・・・・・
今でも思う、
助けられたんじゃないか?
本当は死ななくて良かったんじゃないだろうか?
獣医のたった一言があれば、と。

「他でも看て貰って下さい。」
[PR]
by buono-club | 2008-02-26 13:22 | Trackback | Comments(4)

整形外科へは毎日伺っておりますが、スーパーには長期休職を頂きましたので、この頃ちょっと暇なのォ~♪
なので、今日も更新☆

d0113189_9252473.jpg「圧力鍋~~~060.gif
どう、どう、どうよ!!!

昨年11月の甥っ子の結婚式での引き出物。
最近は自分でカタログから選べるから、便利ネ~~~◎
何でもこちらの 「圧力鍋」
注文が殺到して品切れだったとのことで、申込してから我が家に参りますまで1ヶ月以上かかりましたワ。

早速昨日は新鮮な 「アジ」 が手に入りましたので、マンマ人生初のドキドキ試運転でゴザイマス。

で、またしても肝心な時に使えないウチの問題児!?
今度は・・・デジカメ×××
とうとう、充電しながらでも反応いたしませんでした、さようなら・・・・・デジちゃん。

お鍋に並べたアジやら、シュッシュッしている映像、出来上がった姿なんぞご覧いただけたらと思いましたが、ただならぬ美味しそうな気配を嗅ぎつけたワンがうるさいうるさい。
慌ててお鍋だけ携帯より写しましたが、ちっちゃいなぁ×

ミナサマの逞しい想像力で超美味しそうな 「アジ」 を思い浮かべていただき、これにてご勘弁くださいます様お願いいたします。
[PR]
by buono-club | 2008-02-23 09:49 | Trackback | Comments(2)

怯えられるマンマ!?

このクソ寒い&動きにくいっていうイロイロ諸々の理由で、ほとんどパンツルックのワタクシ。

昨日伺ったお医者も、
『やっぱ診ていただくには膝までたくし上げなくちゃいけないから、スカートで行かなくちゃかしら?
んでも、やっぱ自転車では寒いから、上着を長めなのを羽織ってゆけば下を脱いだとしても大丈夫よネェ~♪』
って、ジーパン履いて行ったんですけれど・・・
これがアータ、大間違いの元だったのヨォォォォォォl!!!

「さあ、それでは診察しますから膝までたくし上げてください。」 って先生(♂・推定40代)が仰るから、

「ジーパンで無理ですから脱ぎます。」 と、ホックに手をかけようとした瞬間、

「ちょ、チョッと待ってくださーーーい!!!」と、先生たじろぐ!?

「ぬ、脱ぎ終わったらバスタオルを巻いて呼んでください!」 何ぞと仰って、逃げるように慌ててカーテンをお引きになられました。

・・・・・こんな患者っていないのかしらぁ? 別にストリップするわけでナシ、ねぇ~。
そんなに怯えなくてもって思ったけれど、これってただ単にマンマのオバサン的行動に仰天したってコトかしら?
それとも、こんな婆さんの脱ぐとこ見たくなかったってコトォ~???

どちらにしても、明日はどんなに寒くとも 「スカートで来ましょ」 と、固く心に誓ったマンマでした。
もちろん、先生の寿命を縮めないタメでございましてヨ053.gif
[PR]
by buono-club | 2008-02-22 11:04 | Trackback | Comments(0)

足、ギブスです!?

昨日は、スーパーの仕事を終えて定時に帰宅。
わが愛息愛娘に夕飯を振る舞い一服しようかなぁ~と思う間もなく、あまりの膝の痛さに整形外科に直行。

レントゲンの結果、骨には異常なくも、筋肉スジなど膝を取り巻く状態が思っていたよりも悪く、現在はこれ以上曲げられないようにと添え木を当ててギブスであります。

『多分使いすぎと加齢によるナンコツ擦り切れよぉ~~~!』 なぞとお気楽に考えておりましたが、想像以上に悪化している様子です。
どうしましょうーーーーーー!!!

バレエのお稽古は、皆さんワタクシの指示で動けるところまで上達なさっているのでナンとか続けられそうですが、スーパーでの作業は無理だわネェ・・・
お散歩も今朝は 「お母さん、お膝が痛いからお散歩、ナシね!」 と言い聞かせて、お休みさせていただきました。

それにしても、昨日の病院、またしてもバッテリー上がりで肝心な時に車ったら動かないでやんの×××
痛い膝でオッチラオッチラ自転車で伺ったのはいいけれど、帰りはギブスでしょ!?
こげませーーーーーん!
ヒョコターンヒョコターンしながら、おまけに買物まで済ませて1時間かけて歩いて帰って来る羽目に・・・トホホ。

半年以上続いた超ハードな毎日に、神様が少~~~しお休みをくださったのだと考えて、当分の間治療に専念したいと思います。

ただネェ・・・一つ心配なことが、
ウチの4WAN、言い聞かせて大人しくしていてくれるのは多分今日一日が限界。
明日からはどうしたってお散歩行かなくちゃダワ。
こんな時、広ーーーいお庭が欲しいなぁって思っちゃうザマス!
[PR]
by buono-club | 2008-02-21 09:23 | Trackback | Comments(2)

デジカメ・・・撃沈!?

お気づきの方もいらっしゃるかも知れませんが、この頃室内のみ、または過去のフォトばっかりのアップなのぉ・・・

だってだって、デジカメが写そうとすると 「LOW BATTERY」って拒否するからなのぉ×××

一度落っことしてから調子が悪くなって、修理に出してもさほどの回復も見られず、騙しだまし使っておりましたが、ここへ来てデジちゃんのご機嫌すこぶる悪し。

充電しながら撮る分には何の問題もゴザイマセンが、お外での使用は不可!

現在只今、我が家での春闘ストライキ中の家電の数々
まったく映らなくなったビデオデッキ、
音の飛ぶCDプレーヤー、
いっくら充電しても働かないデジカメ、
音ばっかりすごくて、全然吸わない掃除機、
階段の暗い蛍光灯・・・これは蛍光灯換えればいいのにモノグサなマンマが悪いわネ×
厚みしっかりのTV
動かない車etc.

優先順位を付けて、もういい加減買い換えなくてはいけないんでしょうけど・・・

困ったサンのマンマ、
買わなくちゃいけない物があるにもかかわらず、どうしてだかいらないものを購入しちゃうのよネ~~~×××
今も 『本当にコレ必要?』 のキャビネット考え中!?

あああっ、貴方ならどうする???
[PR]
by buono-club | 2008-02-20 10:48 | Trackback | Comments(0)

仕事も終えて、ビールを片手にのんびりグタグタしているところへ、お久しぶりに服部さんからお電話をいただく。

「今度島根県で 「ただのいぬ。」展 を催します。」と、嬉しいご連絡◎

島根動物愛護ネットワークさんが中心となって、開催されます。
期間は3月の幾日かということでしたが、また詳しい日時はおってHPからお知らせくださることでしょう。
でも、びっくりすることにその開催予定の日にちがナント、ノアの3回忌!
2006年3月9日が命日で、丁度その辺りがメインのディスカッションがあるらしいデス。

おおおっ、サプライズ!!!

やっぱノア姉貴のすることは、ちょと違いますナァ~072.gif

「ワタシのコト思い出すには、これぐらいの事してもらわなくっちゃダワ」
って、お空の上からあの笑顔で仰っているに違いない!!!

d0113189_0135113.jpg


ノアの微笑みはモナリザも霞みましてヨ。

d0113189_0222842.jpg


アハハハハハハッ、一番真ん中で一番イイ笑顔だね~~~♪
笑いながら涙がでてきたゾ。
ノア、もう一度会いたいなぁ・・・・・  
[PR]
by buono-club | 2008-02-13 23:49 | Trackback | Comments(2)

祝一年☆

d0113189_12425449.jpg

おめでとう、ありがとう、我が家に一年072.gif

貴方に初めて会ったのは、ボランティア団体の保護施設の囲いの中だったねぇ。
「この仔は咬むから譲渡できないの!」って、何年もそこでの暮らしが続いていたんだったネ・・・
でもサ、そのお陰と言っちゃあなんだけど、マンマと会う為に待っててくれたんだと思えば、万々歳じゃない。

コッコちゃん、やっとこうしてめぐり合うことができました、
ありがとう・・・ありがとう。

コッコは咬みます×
今のところ、ボーノだけだけど!?
でもね、ただの一度も小さいワンや他所のワンにそんなことした事はありませんヨ。
それどころか、やさしく挨拶して、そしてその後には必ず振り返って

“どう、お利口に挨拶できたでしょ♪”って、100万弗の笑顔でご報告くださいます。

ええ、ええ、とっても上手にご挨拶できました、ありがとう♪
コッコちゃんはやさしいネェ~、お利口だね~、マンマはとっても助かるワ~~~060.gif
なぁんてお返事しながら・・・イエッ、端から見たら独り言!?
ちょっと危ないオバサンかしら、フフフッ。
でもでも、こんな時、し~あ~わ~せ~~~なのォ◎◎花◎

一年一緒に暮らして思うこと、
本当のコッコは、気持ちのやさしい、そしてとても賢い仔だって事。
きちんと手をかけ、心を砕いてあげれば、なにも特別なことをしなくてもきっと良い家庭犬になっていたことでしょう。

ちょっと回り道しちゃったけど、ミンナと一緒に元気で長生きしようネェ。

d0113189_12422318.jpg

ずり落ちてますけど・・・・・
[PR]
by buono-club | 2008-02-12 09:47 | Trackback | Comments(0)

ホントはいつもの熱病の如く熱に浮かされ、夢中になってここ何ヶ月間探し回っておりまして。
やっとめぐり合った一品デス。
リフォームした時に、コレがあったらいいなぁ~~~♪って、いつになるか分からないリフォームの為に購入いたしました。
・・・あ~ぁ、また妹から「また散財して× ほんっと無計画なんだから×××」って言われそう。

d0113189_1540446.jpg


でも、どうでしょう? 素敵でしょ072.gif
ほんの少し前に、雪降る街に届きましたワ。

d0113189_1543178.jpg


思ったよりも大きくて、サイズはW580×H790×D20
危なっかしくてとても2Fのリビングには置けませんゆえ、稽古場の安全な場所に。

d0113189_15501825.jpg


真ん中のガラスがグラデーションしていて、そこがまた不思議な感じでGOOD◎◎花◎

人生の折り返しもとうに過ぎ、ゴールが間じかに迫って参りましたから、これからはお気に入りに囲まれて暮らしたい!
そして、質素でささやかな幸せを噛みしめるものなら、しっかり噛みしめたい!
そんなワタクシに愛の手を・・・ガビザバ、お願い!!!
[PR]
by buono-club | 2008-02-09 16:05 | Trackback | Comments(0)

以前からイイナァ~☆ 欲しいなぁ~☆と思っておりましたら
今話題の「生協」で手に入れることができました◎◎花◎
d0113189_10193653.jpg
「鰹節削り器」

イヤイヤこちら、結構削るのが難しゅうゴザイマシタ!?
鉋の調整が大変で、アッチ叩いてちょっと出し、コッチ叩いて引っ込めてと、トントン、カンカン。
何度削っても、出てくるのは粉々に粉砕した鰹節のお粉ばかりで・・・
格闘すること30分↓
d0113189_1035184.jpg

や、やっと姿が見える状態までたどり着きましたワ♪
それでも大工さんが鉋をかけて、スルスルって帯状に削れるようにはなりませんでした×
微妙なさじ加減なんでしょうねぇ、やっぱ職人さんには敵いません。

カシカシと鰹節を削れば、部屋中に香ばしい匂いが立ちこめて、
もう4ワン達の喜びようったら☆
早速、粉砕したお粉をパラパラとフードに振り掛けてお召し上がりいただきました。

マンマはもちろん炊き立ての白いご飯にのっけて、「猫マンマ」072.gif
[PR]
by buono-club | 2008-02-08 10:48 | Trackback | Comments(0)

おいしい生活シリーズPart3☆